京都市役所からすぐ糖尿病専門医の池田内科御池クリニック

ご予約 / お問い合わせ
075-253-6627

京都市役所からすぐ糖尿病専門医の池田内科御池クリニック

MENU
クリニックブログ
医療事務求人情報

クリニックブログ

Clinicblog

少しの工夫でお店気分✨

  • 2021年3月31日

昨日の夕飯は田中鶏肉店で買った鳥を使ったお鍋をご紹介

最近よく訪問する、『北山魚伊』さんというお魚やさんのすぐ近くにあるお店で鶏肉を買いました😁

先日、Instagramを通して教えてもらって初来店!!

街の鶏肉屋さんという感じで、沢山の鶏肉はもちろん、焼鳥やハンバーグなどもあって見ているだけでも楽しくなるお店です⤴︎⤴︎

鳥のタタキも美味しいそうなんでしたが、まずはお鍋に挑戦しました。

ここ最近、Instagramでよくみかける投稿を真似て鳥みんちをお皿に入れてみたらなかなかいい感じ。少しの工夫でお店で食べてるような気分になりました😁鳥ミンチをつみれにしてお鍋に入れて食べましたよ

ところで・・・

「つくね」と「つみれ」って違い分かりますか?「つみれ」と「つくね」。魚のすり身で作った物を「つみれ」、鶏や豚などのひき肉で作った物を「つくね」と思いがちですがそれは間違い📚

今回のお鍋のように、「つみれ」は、摘まみ入れる、摘み入れる、というのが本来の意味で、調理した食材を、手やスプーンなどで成形し、熱湯や汁物へ加えて、ゆで上げて作ります。

「つくね」は、こねて丸めるといった意味をもつ、捏ねる(つくねる)から来た言葉で、調味料やつなぎを加えてこねた生地を形にして、揚げたり、焼いたり煮たりしたものだそうです。

つまりハンバーグはつくねの一種ってことかな?(笑)

 

『池田内科御池クリニック』では、糖尿病専門医として、2型糖尿病はもちろん、健診で糖尿病を初めて指摘された方、妊娠糖尿病、1型糖尿病、ステロイド糖尿病など様々なタイプの糖尿病の診療を行なっております。

専門医だからこそ、きめ細やかな食事運動の指導、内服の調整、また忙しくて入院できない人のために、インスリンなど注射製剤の外来導入も可能です。

3月に入り、京都に新しく転勤になった方、就職された方、入学された方など、引っ越しやでの紹介受診や、健診での指摘で初めて当院受診される方が増えてきました。新しい環境で不安いっぱいの患者様が少しでも安心して受診していただけるよう、なお一層心がけたいと考えています。

また女性ヘルスケア専門医としては、妊娠糖尿病はもちろん、甲状腺疾患、更年期症候群、など女性特有の疾患に対する診療を行っております。めまいや頭痛、倦怠感やのぼせなど、移動の時期、季節の変わり目は無理していた疲れがどっと出る時期なのかもしれません。しんどいけどどこに行けば良いか迷っている方は、我慢せずにぜひご相談下さいね。

さらに総合内科専門医として地域の基幹病院と連携を取りつつ、訪問看護師さんやヘルパーさん、ケアマネージャの方と力を合わせて、往診や訪問診療で皆さんをサポートいたします。

往診や訪問診療に関しては京都市内は可能な限り対応したいと考えております。

 

糖尿病診療、更年期治療、健診、訪問診療のご相談はもちろん、膀胱炎、花粉症、月経痛、便秘など、どのような些細なことでも『池田内科御池クリニック』へお気軽にご相談下さい。

今日もみんなに幸せライフ🍀

tel:075-253-6627

 

京都市役所からすぐ中京区の糖尿病専門医池田内科御池クリニック公式ブログ

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ