京都市役所からすぐ糖尿病専門医の池田内科御池クリニック

ご予約 / お問い合わせ
075-253-6627

京都市役所からすぐ糖尿病専門医の池田内科御池クリニック

MENU
クリニックブログ
検査技師さん募集中

クリニックブログ

Clinicblog

我が家に新しい器が仲間入り

  • 2022年7月24日

届くのを楽しみに待っていた器が届きました✨

NHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』の影響もあり沖縄の器、”やむちん”を購入!!

『横田屋窯』さんのこの器は色も好みだし、重厚感もあり存在感が凄い。

今夜は眺めて食べるだけでしたが、これから何を入れるか本当楽しみです!!

沖縄の器だからデビューは角煮?僕の好きなイタリアンやスペイン料理にも合いそう⤴︎⤴︎
そんな事を考えるだけでも楽しくなります✨
今夜は疲れた夏の日にぴったり、ビタミンB郡豊富な豚しゃぶを夏野菜のトマトやオクラと一緒にポン酢でいただきました。

「やちむん」とは、沖縄の言葉で焼物のことを意味するようです📚
しっかりと厚い器に 力強い絵付けがなされた器や壺は、沖縄の人々の暮らしに深く根付いていると言われいるそうです。
その歴史は古く、沖縄の焼物の始まりはおよそ6600年前に作られた土器といわれており、古くは城の瓦などを主体に作られていたとされるこの沖縄の焼物は中国、韓国、タイ、ベトナムなどとの海上貿易の影響を受けることで、焼物としての質が高まり技術の向上につながっていったといわれてるらしいです。

食事を彩るお皿や器、その歴史を知る事でさらに食事が美味しくなりますね✨

 

『池田内科御池クリニック』では、糖尿病内科、一般内科、女性内科の3つを軸に診療しています。

糖尿病内科では糖尿病専門医として大学病院で同じ薬だけで漫然と治療するのではなく、一人一人の患者様の毎日の生活により日々刻々と変化する血糖値の推移を考えながら、また年齢や罹病期間による変化を考慮して治療を行うことで、コントロール良くならない患者様の血糖値を少しでも良くできるように心がけています。

また、保険の改定にて、1日1回以上のインスリン治療中の2型糖尿病患者さんに幅広く保険適応になったリブレはコントロール不良の患者さんや、低血糖に特に注意が必要なインスリン治療が必要なが高齢の方、妊娠糖尿病に非常に有効であり、日常診療や訪問診療において血糖管理を行う上で非常に有用な機械です。

当院は内科クリニックですが、思春期の方など未成年の方の糖尿病治療を積極的に行っております。インスリンポンプが必要な1型糖尿病の患者様も是非ご相談ください。

また、一般内科では地域密着の診療を目指し糖尿病、高血圧、脂質異常、痛風などの生活習慣病はもちろん、下肢の痺れや痛み、喉の渇き、頻尿など何科に受診すれば良いか迷う様々な方のあらゆる症状の方の診療を行ない、必要な場合は大学病院など基幹病院への紹介を積極的に行なっています。往診や訪問診療は、保険診療として採血や点滴、変形性膝関節炎の方への膝関節注射など通院での診療に近い形で提供したいと考えております。

往診や訪問診療に関しては、終末期患者さんや独居の高齢者の方の自宅や高齢者施設、自宅療養中で外出できない方など、京都市内は可能な限り対応したいと考えております。また産業医業務も積極的に行っており、企業の嘱託医のご相談もご相談ください。

女性内科では、更年期障害、PMS、ダイエット指導、めまいや頭痛、むくみ、倦怠感の原因となる貧血や、バセドウ病、橋本病といった甲状腺疾患、誰もがかかえうる便秘、膀胱炎などのあらゆる世代の女性の悩みを内科専門医として、女性ヘルスケア専門医として丁寧に診察し、一般的な内服薬に加え漢方薬も使用し、妊娠中のかたや授乳中の方、高齢で薬の副作用が心配な方などでも解決できるよう心がけています。また内科だからこそ、血栓症などのリスクに注意しながら月経困難症に対するLEPや更年期障害に対するHRTと呼ばれるホルモン補充療法なども行なっております。

自費診療では更年期障害わ美容にも有効なプラセンタ、高濃度ビタミンC、倦怠感などに有効なグラタチオン点滴、にんにく注射、感音性難聴や関節炎に有効なコンドロイチンなどにも力を入れています。

糖尿病、更年期の診療、健診、訪問診療のご相談はもちろん、膀胱炎、便秘、胃腸炎、帯状疱疹ヘルペス、アレルギー、蕁麻疹、気管支喘息、骨粗鬆症や手足の冷えなど、どのような些細なことでも『池田内科御池クリニック』へお気軽にご相談下さい。

産業医業務、帯状疱疹ヘルペスワクチン、子宮頸癌ワクチンなどの各種ワクチンや、アスリートのパフォーマンス向上への相談などもお気軽にご相談下さい。

今日もみんなに幸せライフ🍀

tel:075-253-6627

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ