京都市役所からすぐ糖尿病専門医池田内科御池クリニック

ご予約 / お問い合わせ
075-253-6627

京都市役所からすぐ糖尿病専門医池田内科御池クリニック

MENU
クリニックブログ
看護師求人情報

クリニックブログ

Clinicblog

糖尿病と睡眠障害の深い関係。

  • 2020年3月6日

皆さん睡眠はしっかりとれていますか?

診療をしていると、皆さんの睡眠がすごく短くて驚くことが多いんです。自分自身は毎日元気に頑張れるように、8時間寝ることを目標にしていますが、そのためには大好きな読書の時間は限られるし、家族とゆっくり過ごす時間、スポーツジムに行く時間、テレビを見る時間、友達と出かける時間、など取捨選択が必要になるので、可能な限り時間を上手に使えるように心がけています。遅くまでお勤めの方、家事や育児の大変な方などは、毎日4時間から6時間ほどしか寝ていないとおっしゃるのでびっくりです。かくいう僕も、ついつい本屋さんに足を運んで時として寝不足になってしまいます。

米国の大規模な疫学調査では、適切な睡眠時間には個人差があるものの、睡眠時間と死亡率にはU字型の関係があり、6~7時間の睡眠が死亡率が低く、それ以下でも、それ以上でも死亡率が上昇するという結果だったそうです。

糖尿病と睡眠に関しても、色々な研究がされており、睡眠が6時間以下の方や、9時間以上の方は、糖尿病の発症リスクが有意に高まるとも言われています。寝不足による活動量の低下、夜更かしによる間食の増加などが考えられるほか、空腹の信号であり、食行動を引き起こすグレリンという物質の血中濃度が、睡眠時間が短いほど高くなることも関与しているようです。

睡眠は糖尿病以外にも、コレステロールの異常や、肥満、高血圧とも関係があると言われています。

『池田内科御池クリニック』では、糖尿病神経障害による足の痛みによる睡眠障害、夜間頻尿による睡眠障害、また女性外来では、更年期障害によるホットフラッシュでの睡眠障害や、めまいによる睡眠障害など様々な方が来院されます。気になることがあればいつでもご相談ください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ